自分で病気の検査をしたいなら個人輸入代行サイトを利用しよう

身体の不調が続いて、何らかの原因が思い当たった時、もしかして自分は病気なのかもしれないと不安になりますよね。
すぐに病院へ行って先生に診てもらえば病気かどうかわかるかもしれませんが、様々な理由でそれができないこともあるかと思います。
例えば、大事な仕事があって病院へ行く暇がまったくないという方は、仕事を放って休みを取るわけにも行かず、病気ではないかもしれないしと先送りにしてしまうのではないでしょうか。
仕事でなくても、幼い子供や介護しなければいけない高齢の両親がいるなど、自分が病院へ行っている間に面倒を見てくれる人がいればいいですが、誰にでも頼めることではありません。
有料サービスもありますが、家計に余裕がないという方も多いでしょう。
また、その病気を人に知られるのが恥ずかしいという場合もあります。
性病やB型肝炎、膣カンジダ、ピロリ菌などや、妊娠検査や精子量検査など、できれば自宅でこっそり検査したいという方も少なくありません。
とくに性病の場合は、ドラッグストアなどでは売っていませんし、病院へ行けば医師や看護師に感染経路など詳しく聞かれそうですよね。
実際に病気だったら恥ずかしい思いをして話した事も納得できますが、勘違いだったら恥のかき損です。
そう思うとなかなか病院へ行けず、早期発見の機会を失ってしまう場合があります。
どんな病気でも進行してから治療を始めるより、早めに見つけて治療をする方が治りが早く、身体にも負担が少なくなるものです。
ですから、こんな理由で悪化させてしまわないように、病院でしか手に入らないような検査キットでも購入できる医薬品の個人輸入代行サイトの事を知っておきましょう。
医薬品の個人輸入代行業者とは、個人で海外から商品を購入する手続きを代わりにやってくれる業者の事です。
この業者が運営するサイトでは、国内でまだ認可されていない医薬品やジェネリック、病院へ行かないと手に入らない薬や検査キットなどを取り扱っています。
それらの中から欲しい商品を選んで決済手続きをすると、業者が代わりにその商品を取り寄せ、あなたの自宅まで届けてくれますから、面倒な手続きをしなくても簡単に個人輸入ができてしまうのです。
これならネットで注文して届くのを待つだけなので、誰にも病気の事を知られずに済みますよね。
ほとんどの個人輸入代行サイトでは、プライバシー保護に重点を置いており、荷物に商品名をそのまま記載することはありません。
サプリメントと記載されたり、どのように記載するか自分で指定できたりサイトによって違いますから、自分に合ったところを利用するといいでしょう。
他にも、決済方法や割引、取り扱っている商品や価格など、複数のサイトを比較して選ぶことが大切です。
このような医薬品の個人輸入を利用することで、簡単にこっそり検査キットを使って確認することができます。
とは言えあくまで参考程度にして、検査結果が悪ければすぐに病院へ行くようにしましょう。

Comments are closed.