海外の医薬品を個人輸入代行を使って購入すること

海外の医薬品を個人輸入代行を使って購入するということは、ネットなどを使って国内で販売されている商品を購入する「通販」とは大きく異なるということをご存知でしょうか?
確かに、家に居ながらにして商品を受け取れるという点ではとても似ています。
しかし、まず通販が国内販売商品を取り扱っているのに対し、個人輸入代行は海外の商品を取り扱っているという点で異なるのです。
また、海外で販売されているが日本ではまだ認可されていない医薬品を、日本国内に仕入れて販売したら違法になるところ、代行業者はあくまで輸入の代行のみを行っているので、合法的にビジネスを行っています。
つまり、海外医薬品の輸入は、あくまで個人の責任の範囲で行わなければいけないというわけです。

日本という国は、医薬品の認可に時間がかかることで有名です。
これは、ひとえに薬を使用する人に何かあってはいけないという安全面を特に考慮しているためだと思えます。
しかし、食生活が欧米寄りになってきている現代では、体格も外国人顔負けの日本人が増えていることも確かです。
ですから、従来の薬に含まれている成分量などでは、満足な効き目を手に入れられない人も増えていると考えられます。
こういった人たちの要望が、海外に出回っている医薬品に目を向けさせたのではないでしょうか?

ですから、ここ数年で個人輸入代行業者のサイトが軒並み増えてきているのでしょう。
ここからは、私の体験談になります。
私も、頭痛薬だけは必ず海外の医薬品を服用するようにしていますが、これを購入する際に利用しているのが、上記のサイトなのです。
一度利用してみたら、そのお手軽さにビックリすると同時に、「こんなに簡単に効き目の優れた薬を手に入れられるなんて、なんて良い時代になったのだろう。」
という気持ちになりました。
ただ、初めて利用するときは、やはりかなり慎重になっていたと思います。
まず、利用した某サイトでは「無料サンプル」が貰えるシステムだったので、それを試せたというのはとてもラッキーでした。
このお試し品で効能に納得して、クーポンを使って10ドルの割引をしてもらい、最初は必要最小限度の量を購入しました。
海外から送られてくるとあって、相当待たされるだろうと思っていましたが、何と1週間足らずで自宅に届いたのにはまたまたビックリでした。
一回目の購入から、薬が無くなりそうになって再び購入しようと思い、二回目からは商品合計金額が60ドル以上160ドル以下で注文するようにしています。
それは、某宅配業者の配送料が60ドル以上で無料になる為と、この幅で購入すれば関税がかからないからです。
毎回日本円で15,000円ぐらいまとめ買いをすることになりますが、ついでにサプリやコスメ商品も買うことができるので、問題ありません。
これからも個人輸入をする人はどんどん増えてくると思うので、未体験の方はぜひ一度体験することをおススメします。

Comments are closed.